基町河川敷陶芸クラブ

タイトル:基町河川敷陶芸クラブ
素材:映像、陶器、など
制作年:2021年

広島は原爆の後、いろいろな場所にバラックが立ち並んだのだが、最後までその名残を残していた地域が舞台となっている基町だ。僕は2021年「基いの町」展に向けて 約1か月基町で滞在をした。この作品はその時のものだ。「作品」というよりも、「提案」として見せる形をとっている。この手法は、壱岐でつくった「三味線通り」という作品と似ている。

基町滞在中は、ほぼ毎日陶土を持ち歩き、声をかけれそうな住人に一緒に陶芸をやらないか声をかけ、土を触りながら話を聞いてみるというスタイルでリサーチを展開していった。このリサーチの経過については、下記にURLを示すnote「受動的に自己を開く」で詳しく読むことができる。

【なぜ陶芸?】
1 陶芸には複数の工程があるため、時間を置いて何回も会う機会を設けられる
2 基町の河原ではBBQが頻繁に行われており、焼き物をしていても不自然に見えない
3 土粘土は親しみやすい素材であり、七輪を使った焼き方で、比較的簡単に器をつくれる

関連サイト:note「受動的に自己を開く」