日本語ENGLISH
タイトル:残された光の跡
素材:角材、ユポ紙、油彩、アクリル、鉛筆、木炭、白熱球、LED、PIC、タイマーなど
制作年:2010年
<外形、コンセプト>
約3メートルの高さの家の形をしたオブジェ。家の中には光源が設置されており、いろいろなパターンで光が点滅したり、色が変わったりする。家の表面には、ユポ紙で絵が描かれている。これは、家の中から見える風景を描いたもの。中から見えるものを外から見るという型になっている。もとに戻らないものを光で閉じ込めるような感覚。
©2004-2012 TERAE KEIICHIRO